イエスタデイワンスモア展 ご報告

posted in: exhibition, 未分類 | 0

夏休みが終わり、今日からお仕事、、という方も多いと思います。
私も初の山形帰省から無事帰り、今日から通常運転。夏休みってなんて短いんだ・・・
さて、今日はちょっと遅くなってしまいましたが、先月末29日に無事終了した岡山のアートスペース・テトラへドロンさんでの“昭和ソノシート・イエスタデイワンスモア”展の展示報告です。
私は2点、展示させて頂きました
展示に合わせてその曲に対するコメントも書かせて頂きましたので、そちらと合わせてご紹介です。
展示会場には残念ながら伺えなかったのですが、ギャラリーのオーナーさんからお写真を頂きました。

画像
画像

広い空間に平面、立体と素晴らしい作品が並んでいます。写真からでは流石にそれぞれの作品のコメントは拝見できないですが、それぞれの作品と曲に対するコメントが見たくなっちゃいますね。
画像
こちらが私の作品、1点目。矢野顕子さんの“ごはんができたよ”をテーマに描きました。
矢野顕子さんの曲は高校生~大学生の頃が一番よく聞いていたかな…。
“ごはんができたよ”
高校生の頃、矢野顕子さんにハマりました。その当時はバンドブームで、その流れから矢野顕子さんを知り…という流れだったと思います。
ポップな曲も、かっこいい曲も矢野さんの不思議な独特の声で出来上がる世界観。
それは、女の子みたいで、お母さんみたいで、少女みたいなそんな感じでした。
そして、思春期の私は、その女の子みたいで、少女みたいで、時にお母さんみたいな曲達に励まされていたのだと思います。
<展示コメントより>

画像
こちらは中島みゆきさんの“ファイト!”をテーマに。
実はこちらの曲は自分が何度も聞いたとかの思い出的な…というよりは、他の人が歌っているのを聞いたり、どこからか流れてくるのを聞いたりして、聞く度にいつも忘れられなくて心に残っていた、という感じでしょうか。
でも頑張らなくちゃいけない時には、ふと、、口ずさんでいたかも…。
“ファイト!”
とても、とても力のある曲です。
この曲をモチーフに作品なんて描いて良いのだろうかと思う程に。
でも、不思議と歌詞から絵が広がる感じがあります。色々な方がカバーしたり、色々な場面や時代で歌われ続けるのはそんな力強さと、普遍的なテーマがそれぞれのイメージで広がるからでは無いかなと思います。
<展示コメントより>

どちらの作品も最近よく作っている生キャンバスを加工して描いた作品になります。
この形の作品はやっぱりパネル張りがすっきり見えるのかな…。ありがたい事に一点は遠く九州の方の手元にお嫁入りしました。
この後の展示の予定は今のところ春先までは(たぶん)無いのですが、少しずつ、少しずつでも、作品をご覧頂だける機会を作って行きたいと思います。
ちょっと今年の暑さは尋常ではないですが、秋までもう少し。。。どうぞみなさんも体調には十分ご注意して下さいね
FaceBookページ作りました
Eiko Yamaji Art works | 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください